Photoshopで特定範囲の中に画像を配置する方法/レイヤーマスクの使い方

Photoshopで特定範囲の中に画像を配置する方法/レイヤーマスクの使い方

photoshopで特定範囲の中だけに画像を配置するならレイヤーマスクを使う方法がベスト

photoshopで特定の範囲の中だけに画像を配置したい(見えるようにしたい)けどどうしたらいいの??
例えば、画像の中にフォトフレームがあって、その中の写真だけを別の画像に変更したい…といった場合です。

そんな時は、photoshopの便利さの醍醐味である、『レイヤーマスク』機能を使えば簡単です。
しかもこれなら、写真の位置の修正や写真の変更があったときにも、簡単に変更することが出来るのです。
なんて便利!

ではさっそく、レイヤーマスクを使って、指定した範囲内に画像を配置していきます。

車のミラーに映っている景色を別の画像にしていきます

今回使うのは、この車のミラーに飛行機が映っている画像です。



このミラーに移りこんでいる景色を、別の画像にしたいと思います。

車の画像を開いている同じ所に、ミラーの中にはめ込みたい画像を配置します。
この画像をミラーの中に映っているようにします。

ファイルメニューの埋め込みを配置で画像を選択して開きます。

ファイルメニュー→埋め込みを配置→画像選択

レイヤーパネルをみると、新しい画像が上になっています。

これを、車の画像のレイヤーよりも下のレイヤーにします。

元の車の画像が『背景レイヤー』になったままだと位置の移動ができないので、普通のレイヤーに直してください。

次に、元の画像のミラーの部分を選択範囲にします。
この画像の場合、境界がわりとしっかりしているので、自動選択ツールで選択範囲をとります。

レイヤーパネルで、元の画像を選択しておきます。
自動選択ツールを選んで、範囲を}キーで大きくします。
だいたいミラー内に収まる大きさに合わせたらクリック。
これで選択範囲がとれました。

自動選択ツールで一発で選択できる画像は楽でいいですねー。

選択範囲をミラー以外の部分にしたいので、選択範囲メニューから『選択範囲を反転』をクリック

これで選択範囲がミラー以外の部分になりました。

自動選択ツール→ミラーの大きさに合わせてクリック→選択範囲メニュー→選択範囲を反転

この状態で、レイヤーパネル下のレイヤーマスクのマークをクリックします。

レイヤーマスク

そうすると…

はい、特定範囲の中に別の画像を配置することができました!

すごく簡単に出来ました。
レイヤーパネルの車の画像を見ると、レイヤーマスクがかかっている表示が出ています。


このアイコンの意味は、白い部分が見せたい部分、黒い部分が隠したい部分です。

配置画像を下のレイヤーにはしたくない場合

次に、ミラーの中に配置する画像のレイヤーを、元画像よりも上のレイヤーに置く場合です。

はめ込む枠が全体に対して小さい画像で、さらに下にも大きなレイヤーがある場合には、単純にはめ込む新しい画像を下のレイヤーにできない場合もあります。

そんな場合には、はめ込みたい画像を上のレイヤーにした状態のまま、新しい画像にレイヤーマスクをかければOKです。

ミラーにはめ込みたい画像を元の画像の上に開いておきます。
ファイルメニューの埋め込みを配置を選択して、画像を選択して配置します。
配置が完了しました。
ミラーに映りこませたい部分をミラーの上に合わせて移動させておくのがポイント。
場所を決めたら〇をクリックするかenterで確定させましょう。

元の車の画像が見えるように、上の画像のレイヤーの目玉マークをクリックして非表示にします。

自動選択ツールでミラー部分の選択範囲をとります。
選択範囲がとれたら、はめ込みたい画像の目玉マークをクリックして表示。
レイヤー選択もはめ込みたい方を選択します。

そうすると、新しい方の画像の上に、ミラー部分の選択範囲が点滅します!

レイヤーパネルの下のアイコンが並んでいる所の、レイヤーマスクのボタンをポチ。

はい!ミラーの中身が変わりましたー!
簡単で楽しいですよね。

このままでも使えるとは思いますが、元の車の画像よりも、映り込んでいる景色が明るくてはっきりしているのでミスマッチ感があるので、ミラーの中の画像にクリッピングマスクを追加して、トーンカーブを暗くしてみました。
だいぶ馴染んだかな。

これで完成です。

特定範囲の中に画像を配置する方法でした!