WordPressサイトをSSL化したのに『!保護されていない通信』と出たら?!

WordPressサイトをSSL化したのに『!保護されていない通信』と出たら?!

え?SSLにしたよ?!httpsになってるハズなのに保護されていないだとぉぉ!

最初にwordpressを入れた後、すぐにSSL化しました。
なのに、投稿した記事を見てみると『!保護されていない通信』と表示されているではありませんか?!
なぜなぜ???と焦っていましたが、しなければいけないことを忘れているせいでした…。
これを読んでいるあなたももしかして…!!

一般設定のURLをhttpsに変えなければいけない

wordpressのサイトでは、SSLの設定が済んで、httpsでの表示が確認できたら終わり…ではありません。
メニューの中の設定→一般を見て下さい。
WordPressアドレス(URL)
サイトアドレス(URL)

上記2つの設定で、httpとなっているので、httpsに変更しなければいけませんでした!!

完全に忘れてた。
何度Wordpressサイト立ち上げているんだよ。。。抜けてました。

投稿済みの画像のURLもhttpsに直します

これまで投稿した記事の画像もhttpのままなので一つ一つ変更しなければいけません。
面倒…でも頑張ります
メニューのメディアを開いて、画像をクリックしてみると、やはりURLがhttpになっていました。
ひとつひとつをつけていきます。

記事を入れてからサイト全体をSSLした場合にも、画像のURLが原因になっている場合が多いです。

保護されていない表示が出たら、デベロッパーツールでソースコードを確認してみてください。
ソースの中に一つでもhttpがあれば、!保護されていません、となってしまいます。